いちおしランキングはこちら
背中ニキビ跡を治して背中美人!背中ニキビ跡Navi > 背中ニキビ 原因 > それってカビかも!?治りにくい背中ニキビを徹底チェック

それってカビかも!?治りにくい背中ニキビを徹底チェック

usirosufgata 600

いつまでたっても治りにくい背中ニキビにお悩みの方少なくないと思います。実はニキビ菌には種類があり、菌によって適切な処置をしないと効果が現れないのです。今日は治りにくいニキビを視点をかえて解明しましょう。

ニキビ菌の種類

ニキビの元になる細菌は主に2種類あります。1つはアクネ菌。こちらの細菌はみなさんも聞いたことがあると思います。ニキビの原因として代表的な細菌ですよね。もう1つの細菌はマラセチア菌。実はマラセチア菌もアクネ菌も私達の身体に元々いる細菌なのです。

マラセチア菌って?

実は、マラセチア菌は真菌というカビの一種なのです!
マラセチア菌によるニキビはマラセチア毛包炎という別名があり、アクネ菌のニキビと違い、広く分布するような形状で自然に治りにくいのが特徴です。そして、皮脂や汗をとても好み増殖し、炎症という悪さをはじめます。
背中は特に汗腺や脂腺が多いところ。マラセチア菌が好む場所なのです。
このように、細菌の種類が違うので、アクネ菌のニキビと同じケアをしていてはいつまでたっても治らないのです。今までにいろいろケアを試してみたけど、なかなか背中ニキビが治らない方はマラセチア毛包炎を疑ってみましょう。

マラセチア毛包炎の撃退法は?

マラセチア菌はカビの一種なので抗真菌剤が効きます。アクネ菌とは異なるためニキビの薬では効果がありません。
皮膚科へ行き、医師に処方してもらう事が大切です。

さらに気をつけるべきポイント3つ

抗真菌剤を塗りつつ、自分でも気をつけるべきポイントがあります。マラセチア菌は汗や皮脂が大好きなので、その環境を作らないよう気をつける事が大切です。具体的にご紹介しましょう。

清潔にする

汗をかいたらいつまでもそのままでいるのではなく、ウェットシートなどで拭いたり着替えたりして清潔を保ちましょう。

油っこい食事を控える

ファーストフードや揚げ物などの油が多い食事は皮脂を過剰に出す元です。そういった食事はなるべく控えるようにして、野菜を中心としたバランスのよい食事を心がけましょう。

寝具やパジャマを清潔に!

私達は無意識に就寝時汗をかいています。起きたらいつの間にか乾いていて、分かりにくいかもしれませんが、汗や皮脂がたっぷりと布団やシーツ・パジャマを などに染み込んでいるのです。何日も替えていなかったりするとそれがどんどん積み重なり、マラセチア毛包炎をどんどん増やしていく事に!ゾッとしますよね。布団やシーツは定期的に取り替え、直接お肌が触るパジャマは毎日替えましょう。

まとめ

ずっとニキビだと思ってたら実はマラセチア毛包炎だったなんて事も!長年悩まされてた背中ニキビも視点を変えてケアも変えてみるとキレイになくなってしまうかもしれませんね。