いちおしランキングはこちら
背中ニキビ跡を治して背中美人!背中ニキビ跡Navi > ニキビ跡 治療法 > 今すぐ治したい背中ニキビ跡、どんな薬で治療すればいい?

今すぐ治したい背中ニキビ跡、どんな薬で治療すればいい?

厄介なニキビ・ニキビ跡、薬で何とかしたいけど…

皆さんは、背中が顔に並んでニキビのできやすい場所だというのをご存知でしょうか。
実は、背中は他の身体の部位と比べて汗をかきやすく、乾燥しやすいので、皮脂が毛穴につまったり、衣服の摩擦などで肌が刺激を受けてしまい、ニキビができやすいのです。

背中ニキビって本当に厄介ですよね。
自分では見えないし、手が届きにくいので改善も難しく、治っても色素沈着をおこして跡にも残りやすい…
そんな気になる背中ニキビやニキビ跡、実は薬を使ってすぐに何とかすることができます。

しかし薬と一概に言っても、様々な種類があり、どれを使っていいのか迷ってしまいますよね。
今回は、そんなニキビ薬の違いや、口コミの高いおすすめの薬を紹介していきます。

ニキビ・ニキビ跡の薬には、どんな種類があるの?効果が高いものは?

まず、薬には大きく分けて皮膚科などの病院でもらえる処方薬と、ドラッグストアなどで売っている市販薬の2つの種類があります。
この二つの違いは、主に、抗生物質が入っているか、入っていないかの違いです。
皮膚科などの病院で処方される薬には、菌の増殖を抑える抗生物質が含まれています。

今度は、市販薬と処方薬の具体的な種類や使い方を見ていきましょう。

市販薬は気になる部分に直接塗るだけの塗り薬が主流です。
オロナインH軟膏や、テラ・コートリアルなど、医薬品の口コミ評価が高いようです。

処方薬には、菌の増殖を抑える抗生物質や抗真菌剤、皮脂の分泌を抑える皮脂分泌剤、ニキビ跡などの色素沈着を改善するビタミン剤があります。
それらには飲み薬と、塗り薬の両方があり、これらの薬は症状や、ニキビの原因によって使い分けます。
また、薬がどうしても肌に合わない時には、漢方を処方してもらうこともできます。

もちろん、ニキビ・ニキビ跡によく効く、効果が高いのは処方薬のほうですが、市販薬にも、手軽に治せるという処方薬にはない大きなメリットがあるので、自分の症状に応じて薬を使い分けてみてくださいね。

また、塗布するタイプの薬は、入浴後肌がきれいな状態で使用します。
効果の高い処方薬は、その分めまいなどの副作用があるので、必ず医師の指示や専門サイトの注意書きに従って使用してください。

最後になりましたが、薬によるニキビ・ニキビ跡治療は、すぐに赤みなどの症状を抑えることができる便利さがありますが、繰り返すニキビを根本から解決することはできません。
あくまでもできてしまった分を治す、表面的な改善方法だということを忘れずに、根本的な治療を目指していきましょうね。