いちおしランキングはこちら
背中ニキビ跡を治して背中美人!背中ニキビ跡Navi > 背中ニキビ 治療法 > 気になる背中ニキビは石鹸で治そう!

気になる背中ニキビは石鹸で治そう!

気が付いたら…出来ていた!そんな背中ニキビに悩む女子は少なくありません。
ニキビケアというだけでも厄介なのに場所が見えにくい背中ならなおさらです。
では、そんな背中ニキビを治すにはどんなよい対処方法があるのでしょうか?それを今回調べてみました。

出来てしまった背中ニキビを治すには?

では皮膚科に行くほどではないけど出来てしまった背中のニキビやにきび跡を自分で治す場合にはどんな事を気を付ければいいのでしょう?

・お風呂の入り方

背中ニキビの予防や対策を考えるとき、まず一番に見直すのがお風呂の入り方についてです。
なぜかというシャンプー・リンスの洗い残しが背中の毛穴に残り、毛穴を詰まらせてしまい結果、ニキビの原因をつくってしまう事等が多いからです。
ではそうならないにはどんな事に気を付けてお風呂に入ればよいのでしょうか?

1:シャンプー・リンスの洗い方

シャンプーやリンスの泡をなるべく背中にかからないように髪を前から垂らした状態で洗ったり、洗った後も背中に髪が当たらないように頭の上でまとめる。
又、シャンプーに含まれるシリコンが毛穴の詰まりを促進することがあるので、ノンシリコンに切り替えるのも改善に繋がります。

2:洗う順を考える。

とにかくなるべく背中に泡がつかない事を考えて、洗髪してから、顏、体の順に洗う様にし、もし背中に泡がついていても最後に洗い流せるようにする。

・ボディソープより石鹸を!

ボディソープより成分的にもアレルギーのリスクが低い石鹸がおすすめですがでは石鹸を選ぶ時のポイントは何でしょうか?

きめの細やかさ

背中の毛穴は非常に小さいのでキメが細かいものの方が毛穴の汚れもキレイに落ちるので毛穴の奥の汚れまでキレイに落とせる粒子の細かい石鹸がお勧めです。

保湿力の高さ

洗顔後、乾燥させない様に保湿力が高く保水力・角質層のケアをしてくれる成分(AHA(フルーツ酸)や“酵素”)が配合されている石鹸がお勧めです。

コスパの良い物。

どんなものでも長く続けないと、その効果は薄まってしまうので長く使える値段のものを選ぶのも大切です。

お風呂後のケアも大切に

お風呂上がりの化粧水はセラミド、天然保湿因子(NMF)など角質層の保水力を向上する成分を含んだものを使い、角質層の肌バリアであるラメラ構造を維持するように努めるのがお勧めです。

清潔・保湿を保ってニキビを撃退しましょう!

と、この様に背中ニキビの治し方について調べてみた所大切なのは、背中の毛穴を清潔にすること・保湿を保つことがとても大切だという事がわかりました。
又、それと同じ位、その状態を保つ為に、適した石鹸や、洗い方を頭にしっかり入れて、背中美人を目指しましょう!