いちおしランキングはこちら
背中ニキビ跡を治して背中美人!背中ニキビ跡Navi > ニキビ跡 治療法 > なかなか治らない背中ニキビ跡の悩みはこれで解決を!

なかなか治らない背中ニキビ跡の悩みはこれで解決を!

自分の背中にできてしまった背中ニキビ跡で悩んでいる人は実は年齢問わず多くいます。
しかし、いざ治すとなると、市販の塗り薬等で自分で治すのか耳にした事があるエステや病院でやるレーザーという治療法で治すのいいのか?
そもそも予算的にはどれが手頃なのか?いろいろ気にする事がでてきます。

なので、今日はそんな背中ニキビ跡に悩んでいる人ができる対処法について調べたいと思います。

そもそも何故背中ニキビ跡ができてしまうのか?

背中ニキビができる原因として一番考えなければならないのがお風呂の入り方です。

なぜかというと背中ニキビはシャンプー・リンスの洗い残しが背中の毛穴に残り、毛穴を詰まらせてしまった結果、つくられる事が多いからです。

では予防の為にはどんな事に気を付けてお風呂に入ればよいのでしょうか?

・シャンプー・リンスの洗い方に気を付ける

シャンプーやリンスの泡を出来るだけ背中にかからないように、髪を前から垂らした状態で洗ったり、洗った後も背中に髪が当たらないように頭の上でまとめたり使うシャンプーをシリコンが毛穴の詰まりを促進することがあるので、ノンシリコンに切り替えたりする。

・体を洗う順に気を付ける。

せっかくシャンプーの仕方に気を付けても体を洗うった時すすぎ残しがあるとそこから毛穴が詰まる原因になってしまうので、洗髪してから、顏を洗い、最後に体の順に洗う様にしたりし、万が一背中に泡がついていても最後に洗い流せるようにする。

・アレルギーのリスクが少ない石鹸を使う!

石鹸はボディーソープよりアレルギーのリスクがひくく、又最近では洗顔後、乾燥させない様に保湿力が高く角質層のケアをしてくれる成分のフルーツ酸や酵素が配合されている石鹸が種類たくさんでてもいるのでお勧めです。

又その際、背中の毛穴は非常に小さい為、キメが細かい粒子の細かい石鹸がお勧めです。

できてしまった背中ニキビ跡を治すには?

では、すでにできてしまったニキビ跡を治すにはどうすればよいのでしょう?
もともと人間の皮膚にはターンオーバーという28日周期で皮膚の古くいらなくなった角質を落とし、新しく綺麗な肌を表面にださせる働きがあります。

ですがにきびができている状態だとその周期が乱れ、正しくそれが行われない結果、不要な皮脂が毛穴を詰まらせニキビが作られてしまいます。
なのでまずニキビができたら正常なターンオーバーができる状態に促すように働らきかけていきましょう。

ニキビ跡の種類によって対処法もさまざま

しかし実はニキビ跡は状態によってその治療法が変わるものもあるので自分が今どのような状態かを確認しましょう。

背中に「赤み」が残った場合と色素沈着して「シミ」になってしまった場合

「赤み」が残った場合はは背中のニキビが炎症を起こしてしまった事により跡に残ってしまう場合です。
そして「シミ」になった場合は背中のニキビが跡になった時に、外からの刺激や、紫外線の影響で、茶色にシミとして色素沈着してしまった場合です。
この二つの対処法としてはターンオーバーが効果的なので炎症を抑え色素を排出させたり色素沈着をふせぐ効果がある「ビタミンC誘導体配合」と「保湿成分配合」となっている化粧水等でたっぷりと肌に潤いを与えるのが一番効き目があり、又、腕などで試してから使用するか考えれるので人によっては肌質による肌トラブルも避けれて、手頃に出来るのでおすすめです。

「でこぼこ」が出来てしまった場合

残念ながらこの「でこぼこ」ができてしまった場合は背中ニキビが炎症を起こし傷つき、クレーター状態になってしまったので、自宅での改善が困難なので病院やエステ等に行ってレーザー治療など専門医に相談するのがお勧めです。

状態にあった対応を心がけましょう!

と背中ニキビ跡の治し方について調べてみると、治し方もニキビの状態では違うという事がわかりました。
のでまずは今の自分の状態を見て、何が一番必要な行動か?を考え治療に挑みましょう!